FAQ
知的財産研究所
kai_bnr.png
csme_bnr.jpg
国家試験知的財産管理技能検定
tsm175.jpg
ipac175.jpg
AIPE_top.pngcsme.png
 

聴講制度のご案内

「知的財産アナリスト認定講座」では、所定の受講資格を満たし全科目(免除科目を除く)を受講した場合に「認定試験(学科試験・実技試験)」の受験資格が得られ、これに合格すると「AIPE認定 知的財産アナリスト」と認定されます。一方、受講資格を満たさない場合でも、本講座を聴講し、後日受講資格を満たした場合には資格認定を受けることができる「聴講制度」を設けております。

<目指し方の例>
IPAC.jpg

講座の受講について

受講資格を満たさない方が、本講座の受講を希望する場合には、当協会の定める人数の範囲において、本講座を聴講いただくことができます。また、原則、認定試験を受験いただきますが、合格された場合でも、資格認定はされません。後日、受講資格を満たされた場合に「AIPE認定 知的財産アナリスト」の資格認定を行います。
※基本的なPCスキル(Eメール、ワード、エクセル、パワーポイント、Web検索等)は必須
オプション講座について
「知的財産アナリスト認定講座(特許)」において聴講制度を利用される方は、オプション講座「PAT-LIST操作説明会」(費用5,000円)についても、定員内に限り、お申込みいただくことができます。
特許マップを使った情報解析になじみのない方、経営やファイナンスを専門領域とする方には受講をおすすめしますので、ご希望の方は、聴講制度のお申込みの際にお申し出ください。

受講料

聴講制度利用による受講料(認定試験の受験料含む)は次の通りです。
範囲 受講料(税込)
知的財産アナリスト認定講座の全科目および認定試験(学科試験・実技試験) 150,000円
※ 聴講者についても、通常の受講者と同様に先着順の定員制のため、お申込確定後のキャンセルはお受けいたしません。また、やむを得ない事情であっても当日欠席による受講料の返金・次回への繰り越しはいたしません。

認定試験の通知・受講証明書

聴講制度利用により認定試験を受験された場合にも、結果通知を行います。
また、全科目を受講された証明として、「受講証明書」を発行いたします。

聴講申込手続き

受講を希望する期の申込受付期間中に、下記お問い合わせフォームにて「知的財産アナリスト認定講座(特許/コンテンツ[一方を選択])の聴講を希望する」と記載のうえ、お申込みください。お申込み確認後、受講料の振込先通知メールを送信いたします。
知的財産アナリスト お問合わせフォーム
各期の実施スケジュールはこちらからご確認ください。

聴講制度利用者の資格認定について

聴講制度において全科目を受講され認定試験に合格された方が、後に受講資格を満たされた場合、所定の手続きにより「AIPE認定 知的財産アナリスト」の認定を受けることができます。
また、聴講制度において認定試験に不合格となった場合には、認定試験の再受験が可能です(有償、科目7再受験も可)。
下記をご確認のうえ、所定の申込受付期間内にお申込みください。

手数料

資格認定のための手数料は次の通りです。
※本講座(特許)[第7期まで]または本講座(コンテンツ)[第4期まで]を聴講制度により受講された方は、科目7の受講および認定試験の受験が必要ですので、必ず「5.31,000円」をお選びください。
対象 手数料(税込)
認定試験合格者 1.無償
認定試験不合格者 再受験(学科試験・実技試験) 2.10,000円
再受験(学科試験のみ)(※3) 3.3,000円
再受験(実技試験のみ) 4.7,000円
再受験(学科試験・実技試験) 再受講(※1,2)
科目7「まとめ(ケーススタディ)」[特許]
科目7「まとめ(ワークショップ)」[コンテンツ]
5.31,000円
再受験(実技試験のみ)
6.28,000円
※1 「知的財産アナリスト認定講座(特許)」を聴講された方は認定講座(特許)で行われる「科目7:まとめ(ケーススタディ)」、「知的財産アナリスト認定講座(コンテンツ)」を聴講された方は認定講座(コンテンツ)で行われる「科目7:まとめ(ワークショップ)」が、受講対象です。
※2 「科目7:まとめ(ケーススタディ/ワークショップ)」の受講は、通常の受講者と同様に先着順の定員制のため、お申込確定後のキャンセルはお受けいたしません。また、やむを得ない事情であっても当日欠席による受講料の返金・次回への繰り越しはいたしません。
※3 学科試験のみ再受験の場合、「科目7:まとめ」の再受講は対象となりません。

申込受付期間

資格認定を希望する期の申込受付期間内に、お申込み手続きをお取りください。
※「科目7の受講のみ」のお申込みは受け付けておりません。
各期の実施スケジュールはこちらからご確認ください。

申込手続き方法

お手元に受講資格を満たす所定の国家資格(公的資格含む)の取得を証明する書類をご用意のうえ、下記のお問合せフォームより、次の必須項目を全て記載のうえ、送信してください。
知的財産アナリスト お問合わせフォーム

「手数料」一覧から、ご自身が該当する番号をお選びください。
1. 認定試験合格者:無償
2. 学科試験・実技試験不合格者で再受験(学科試験・実技試験) を希望する:10,000円
3. 学科試験不合格者で再受験(学科試験のみ) を希望する:3,000円
4. 実技試験不合格者で再受験(実技試験のみ) を希望する:7,000円
5. 学科試験・実技試験不合格者で再受験(学科試験・実技試験) および科目7の再受講を希望する:31,000円
6. 実技試験不合格者で再受験(学科試験のみ) および科目7の再受講を希望する:28,000円
【お問い合わせ内容】で「聴講制度について」を選択してください。
【氏名】【メールアドレス】【生年月日】をご記入ください。

【お問い合わせの詳細】の欄には、以下の内容をご記入ください。
括弧内のスラッシュで区切っている文言についてはご自身が該当する方を残してください

----------------------------------------------
【知的財産アナリスト認定講座 聴講制度利用者として資格認定を希望】
■聴講された講座:第●期(特許/コンテンツ)
■資格認定を希望する講座:第●期(特許/コンテンツ)
■申込内容: ※「手数料」一覧から選択した番号を記載してください。
■取得した受講資格: ※該当する資格を残してください。
 一級知的財産管理技能士(特許専門業務/コンテンツ専門業務)
 二級知的財産管理技能士(管理業務)
 弁理士
 弁護士(外国法事務弁護士を含む)
 技術士
 中小企業診断士
 証券アナリスト
 公認会計士又は会計士補
 税理士
 銀行業務検定合格者(法務財務税務信託のいずれか。ただし、3級及び4級を除く)
 米国公認会計士(CPA)
■上記資格において付与された登録番号:
----------------------------------------------

資格認定までの流れ

<1を選択された方>
資格認定を希望される期の申込締切後、申込情報および本人情報確認を行います。
申込みいただいた期の受講者と同時に資格認定を行い、「認定証」を発行いたします。

<2~6を選択された方>
資格認定を希望される期の申込締切後、先着順に申込情報および本人情報確認を行います。
手数料の振込先通知メールを送信しますので、所定の期日までにお支払ください。
※科目7の再受講を希望する場合で定員を超えた場合には、その期においては受講いただけない旨を通知いたします。
手数料のお支払いが確認できた方へ、申込いただいた期の受講者と同時に、認定試験のご案内メールを送信いたします(5~6を選択された方には、科目7再受講のご案内メールも送信いたします)。必ず提出期限までに所定の方法にて認定試験を提出してください。
申込みいただいた期の受講者と同時に採点および合否結果通知を行います。また、合格者には、「認定証」を発行いたします。

 

お問合せ先

知的財産アナリスト認定講座に関するお問い合わせは、下記の問合せフォームからお問い合わせください。

知的財産アナリスト お問合わせフォーム

※ お問い合せフォームからは、講座やイベントの申込は受け付けておりません。申込をご希望の方は、必ず各ページで案内する申込手続きの流れをご確認いただき、「申込フォーム」からお手続きください。

お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.