FAQ
知的財産研究所
IPLT_banner.png
kai_bnr.png
csme_bnr.jpg
国家試験知的財産管理技能検定
tsm175.jpg
ipac175.jpg
banner_mouke.jpg
AIPE_top.pngcsme.png
 

「知的財産アナリスト認定講座(コンテンツ)」 ガイダンスのご案内

当協会が主催する「知的財産アナリスト認定講座(コンテンツ・ビジネスプロフェッショナル)第15期」を2019年11月より開講いたします。
これに先立ち本講座の概要や受講のメリットを紹介する「ガイダンス」を開催いたしますので、ご興味をお持ちの方や受講をご検討中の方は、ぜひこの機会にご参加ください。
※下記予定は予告なく変更する場合があります。ご参加の際は、直前に必ずご確認のうえお越しください。

開催概要

実施日程 2019年10月16日(水) 19:00~20:55 (開場18:30)(予定) 終了
会場 K.I.T.(金沢工業大学) 虎ノ門大学院 13階 1301講義室
東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル 13階
銀座線 虎ノ門駅(1番出口)、日比谷線 神谷町駅(3番出口)、三田線 御成門駅(A5出口)より徒歩8分
参加費 無料
定員 30名 ※定員となり次第受付終了となります。

ガイダンス概要

ねらい・内容 知的財産アナリスト(コンテンツ)のコンセプトは、「新時代の市場環境に適応するために、顧客主義に則った広義のマーケティングを基礎として、コンテンツを活用した事業を構想し、企業等の組織体の骨格と言える会計、法務、知財の役割を戦略そのものと位置付ける取り取組みを通して、知的財産アナリストとしての「評価軸」を持ち、既存事業や企画案の事業性や、提携先の選択等の判断において、経営者が必要とする提案、評価等の情報(インテリジェンス)を提供できる人材を育成する講座」です。
本ガイダンスでは、本講座を受講することで何ができるようになり、どのような貢献ができるようになるのかを、受講前に十分理解いただくための場としてご用意しています。本講座の内容を具体的にご説明し、既に受講され認定を受けた方のお話をご紹介すると共に、質疑応答ではみなさま様々な疑問・質問にお答えします。
プログラム

1.開会あいさつ

2.知的財産アナリスト認定講座の概要と求められるスキル
五味 大輔 氏
(スカパーJSAT株式会社 メディア事業部門 LIFEビジネスセンター LIFE事業部 事業担当開発主幹)
後藤 啓一 氏(株式会社ビデオリサーチ 経営管理局 経営管理部部長)

3.修了者を交えたトークセッション/質疑応答

モデレータ: 五味 大輔 氏
パネリスト: 後藤 啓一 氏
一柳 緑 氏 (有限会社エイプリルレコード 代表取締役)
樋熊 政一 氏 (正林国際特許商標事務所 弁理士)
修了者の方に登壇いただき、インタビュー形式にて、本講座の受講体験、自身の取り組み事例や成果、その他活動の広がり等を、紹介いただきます。また、修了者の体験談を踏まえて、ビジネスの現場でどのような人材が求められているのか、知財アナリストに期待されることとは何か等について、質疑応答も交えながらディスカッションを行います。

3.事務局からの案内/閉会

対象者
コンテンツ産業に携わっている方で、周辺産業との連携による新たなビジネスモデル展開に関心のある方
製造業やサービス業等の方で、コンテンツを活用して収益を生み出す新しいビジネスモデルに関心のある方
「知的財産アナリスト(コンテンツ)」とはどのような場面でどのようなことができる人材なのか興味のある方
「知的財産アナリスト認定講座(コンテンツ)」を受講するメリットはどのようなものがあるのか知りたい方
上司や同僚に受講を勧められたが、実際にどのようなことを学べるのか知りたい方

 

お問合せ先

本講座に関するお問い合わせは、下記の問合せフォームからお問い合わせください。

知的財産アナリスト お問合わせフォーム

※ お問い合せフォームからは、講座やイベントの申込は受け付けておりません。申込をご希望の方は、必ず各ページで案内する申込手続きの流れをご確認いただき、「申込フォーム」からお手続きください。

お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表記 | サイトポリシー
© 2008 Association of Intellectual Property Education All rights Reserved.